車 売却 時期

車を売却する時期によって、売却価格が変動します。

中古車の市場価格は需要の変動によって左右するので、需要が高まる時期の前が売却するタイミングとしてはいいです。

中古車が売れる時期は毎年3月です。
4月からの新生活が始まるのに合わせて購入もしくは買い替えする駆け込み需要が増えるからです。

なので、3月の繁盛期に間に合うように、1月と2月に中古車の在庫を増やしておきたい、つまり高くしてでも車を買い取りたい、ということになります。


また、自動車税がかかる4月1日より前に車を手放しておきたい、というのも要因としてあります。

例えば、しばらく車に乗っていないなら、3月ギリギリに手放すよりも、もっと早めの方が維持費を払わなくて済むからお得だったりします。


1月や2月は出費がかさむ年末年始のあとなので、臨時収入が欲しい、というのもありそうですね。

 

届け出済み未使用車

毎年、ゴールデンウィーク近くの4月に出回る、「届け出済み未使用車」というのをご存知でしょうか。
もし中古車を検討もしくは購入するのであれば、ほぼ新車を安く買えるチャンスです。

届け出済み未使用車とは、ナンバーを取得しただけの新車のことを指します。
10kmとか20kmとか走っていますが、状態としては新品同様です。

ナンバーの届け出をしているということで新車ではなく中古車枠になるので、新車に比べて安くなります。
中古車だと価格設定がじゆうなので、値引きしやすくなるのも安く買える理由です。

「新車なのに、なんでナンバーだけ取っているの?」
と不思議でしょうがないのですが、販売目標を達成するためにナンバーを取得したのではないかということでした。

タイミングや車種にもよりますが、新車に比べて20万円とか40万円とか安く購入できた例もあります。

新古車を狙うなら、届け出済み未使用者の方がいいな、と思ったりしました。


一括査定サービスなら、簡単な手続きで複数の車買取業者からの相見積もりをもらえます。
今乗っている車の売却価格の相場がわかるので、検討材料にしてみてはいかがでしょうか。
 


​↑《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

© 2019 車 売却 rss